予防接種のイメージ写真

予防接種とは

予防接種とは、ある特定の病気に対して免疫をつける、もしくは免疫を強くすることを目的としたワクチン接種のことです。ちなみにワクチンとは、細菌やウイルスといった感染症の病原体の病原性を弱める、あるいは無毒化して作られた薬剤になります。これを接種することで、ある特定の感染症に罹患しなくても免疫がつくようになるので、その感染症に罹りにくくなるほか、もし感染してしまったとしても重症化するリスクが低減していきます。

このように予防接種は特定の感染症に罹患し、重症化するリスクを避けるといったことはもちろんですが、予防接種を受けられない方々へ感染症を流行させない集団免疫といった目的でも行われます。なお当クリニックでは、インフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。そのほかのワクチン接種を希望される場合は、個別にご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザを予防するための対策としては、こまめな手洗い、うがいなどいろいろありますが、その中でもインフルエンザウイルスに感染した後に発症する可能性を低減させる効果や発症後の重症化防止に有効と言われているのがインフルエンザワクチンの接種です。なお同ワクチンを接種する際は、より効果を高めるべく接種時期も重要です。

インフルエンザには流行時期があるのですが、日本では毎年12月~翌3月頃がそれにあたります。またインフルエンザワクチン1回の接種による持続期間は約5ヵ月程度とされ、接種後にワクチンの効力が発揮されるまで約2週間かかると言われています。つまり、できるだけ高い効果を得るためには、11月中旬頃までに接種するようにしてください。

またインフルエンザワクチンは年齢によって接種回数が異なります。13歳未満のお子さんの場合は計2回の接種が必要で、13歳以上の方は1回の接種で済みます。なお2回接種する際の1回目から2回目の接種間隔については、2~4週間ほど空けてから行うようにします。

  • 同ワクチンの接種は保険が適用されませんので、全額自己負担となります。ただし、高齢者のインフルエンザワクチン接種につきましては、定期予防接種となっていますので、水戸市では費用の一部を助成しています。詳細につきましては、水戸市の公式ホームページをご覧ください。

    水戸市 成人の予防接種

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは、肺に病原体(細菌、ウイルス など)が入って感染する、あるいは薬剤やアレルギーといったものが引き金となって肺が炎症を起こし、発熱、咳・痰、息切れなどの症状がみられている状態を言います。子どもや高齢者、基礎疾患をお持ちの方など免疫力が落ちている方が発症しやすいと言われています。

なお肺炎は日本人の死因第5位(2017年(平成29年)厚生労働省「人口動態統計」より)の病気なのですが、同疾患で亡くなられた方の95%以上が65歳以上の高齢者となっています。先にも述べたように肺炎の原因は様々あるのですが、成人が発症する肺炎の4分の1以上は肺炎球菌の感染による発症とされています。そのため、高齢者肺炎球菌予防接種は、予防接種法に基づく定期接種でもあり、水戸市では高齢者の肺炎球菌予防接種については費用の一部を助成しています。ただ、全ての高齢者を一部助成の対象とはしていません。詳細は水戸市の公式ホームページをご覧ください。また肺炎球菌ワクチンの接種については、高齢者肺炎球菌予防接種の対象でない方でも全額自己負担となりますが、接種自体は可能です。

  • 肺炎球菌ワクチンを再接種する場合、その間隔は5年以上開けてください。5年未満で再接種すると注射部位に痛みが強く出ます。したがって再接種を希望される方は、必ず5年以上の間隔を空けるようにしてください。

    水戸市 成人の予防接種