健康診断のイメージ写真

健康診断とは

当クリニックでは、各種健康診断として、特定健康診査(特定健診)、労働安全衛生法に基づいた企業健診、自費健診などを実施しています。健康診断は、医師が診察や各種検査を行うことによって、受診された方の健康状態を確認することができるほか、健康の保持や生活習慣病などの疾病の予防・早期発見に大いに役立ちます。1年に1回は、定期的に健診を受け、健康管理に努めるようにしてください。

特定健康診査(特定健診)

40~74歳の生活習慣病を発症しやすいとされる世代の方を対象とした健診になります。主に生活習慣病の有無を診断するほか、生活習慣病やその合併症の発症リスクを高くさせるメタボリックシンドロームを早期に発見するといった内容になっています。

検査項目に関しては、問診・身体計測・血圧測定・血中脂質検査・血糖検査・肝機能検査・腎機能検査・尿検査などがあります。また検査後、数日を経てから医師と一緒に結果を確認していきます。そして、肥満・血圧・脂質・血糖や問診票などを確認していき、必要と医師が判断すれば特定保健指導を行っていきます。これは、特定健診の結果から生活習慣病を発症するリスクが高いとされる方への生活習慣を見直すためのサポートといったものです。リスクの程度によって内容は違ってきますが、動機付け支援や積極的支援(よりリスクが高い方)があります。指導を要すると言われた方は、できるだけ特定保健指導を受けるようにしてください。

企業健診

企業健診とは、労働安全衛生法に基づいて実施される健康診断です。いくつか種類がありますが、当クリニックで行っているのは、雇入時健康診断と定期健康診断です。それぞれの検査項目は以下の通りです。

雇入時健康診断

事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

定期健康診断

事業者は年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTの検査)
  • 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査
  • 身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます。

自費健診

何かしらの病気があるわけではなく、健康診断を目的に受診するという場合は保険適用外となります。したがって全額自己負担による自費健診となります。ちなみにこの場合は、自治体などが実施する健診のように検査項目が決められていませんので、ご自身で選択しての受診も可能です。そのため、人間ドックみたいにじっくり検査をしたい方にお勧めでもあります。なお、検査項目の詳細につきましては、個別にご相談ください。

なお自費健診の結果、何らかの病気が見つかった場合、その診療につきましては健康保険が適用されます。