内科のイメージ写真

内科とは

内科では、風邪やインフルエンザなどの呼吸器疾患や、腹痛、下痢、嘔吐・吐き気などの消化器疾患、さらに胸が痛い、締め付けられるなどの心疾患などの患者様を対象としています。治療に関しては薬物療法が中心ですが、診察の結果、高度な医療機器による診察や治療、あるいは入院が必要と医師が判断した場合には、病診連携によって円滑に地域の総合病院や専門医療機関を紹介いたします。

また、原因がわからない体調不良で、どの診療科を受診すればよいかわからないという場合にも受診ください。患者様の訴えや現れている症状をつぶさに観察して、適切な診療科へ案内する役割も担っています。

このほかにも、治療期間が長いとされる慢性疾患も診療致します。具体的には、日頃からの生活の乱れ(食事時間が不規則、偏食・過食の食生活、慢性的な運動不足、喫煙や多量の飲酒 など)を長期に渡って続けることが引き金となって発症する生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症 など)、アレルギー性疾患(花粉症、じんましん など)、慢性的に繰り返す頭痛、貧血、便秘 などです。

生活習慣病

こんな症状はご相談ください(例)

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い
    (腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 尿の異常
    (出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

内科の主な対象疾患

急性疾患

  • 風邪症候群
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)
  • 尿道・膀胱炎
  • 熱中症 など

慢性疾患